【2024年3月更新】破産者マップとは何か?新破産者マップと過去の裁判の話

  • URLをコピーしました!
目次

破産者マップとは

破産者マップとは、自己破産した人々の情報をGoogleマップ上に公開していたサイトです。

官報などのデータをスクレイピングすることで、破産情報をデータとし、Googleマップ上で名前や住所、破産手続きの日などの情報が誰でも簡単に無料で閲覧できる形式にしていました。

このサイトの存在は多くの問題を引き起こし、社会的な議論や訴訟問題に発展しました。

破産者マップ訴訟事件

運営者の意図は、もともと公式に公開されている官報のデータに対して、より自由なアクセスを推進する事と、困っている人を助けることにあったようです。

ただ実際には破産者のプライバシー侵害や、業者などによる悪用による詐欺被害など、破産者にとって多大なストレスと不利益をもたらす事になりました。

破産者マップ訴訟事件の問題点

2019年にあった破産者マップ訴訟事件では、破産者の個人情報を無断で公開したサイト運営者に対し、被害者が名誉毀損とプライバシー侵害で損害賠償を求め訴訟を起こしました。

このサイトは、破産者の情報をGoogleマップ上に表示し公開していた事から、「個人情報保護委員会」が運営者に対して行政指導を行いました。

訴訟では、破産者2人が計22万円の損害賠償を求めており、運営者は請求棄却を求め、サイトは閉鎖されました。

自己破産すると破産者マップにのる

自己破産すると、官報に名前や住所が掲載されるデメリットがあります。

これは債権者への影響を考慮して行われるもので、管財事件では財産の処分からの配当が期待できますが、同時廃止事件ではそうではありません。

官報に掲載されることは、自己破産者にとって大きなプライバシーの懸念となり得ます

破産者マップに続く新破産者マップが登場

破産者マップに関して、現状では「新・破産者マップ」という形で類似のサイトが存在しているようです。

これらのサイトは個人の破産情報を掲載しており、削除には高額な料金が要求されます

特に、新・破産者マップは海外で運営されており、日本の法律の適用外であると主張しています。

情報の削除にビットコインを要求するケースもあるため、非常に対処が難しい状況です

新破産者マップ以外のサイトも有った

モンスターマップ

2020年8月に閉鎖されました。閉鎖の原因として停止命令が出された可能性があると言われています。

モンスターマップは従来の破産者マップと同様に、自己破産者の個人情報を公開しており、多くの問題を引き起こしました。しかし、運営側が停止命令を受け、また社会的な批判を受けてサイトを閉鎖しました。

自己破産・特別清算・再生データベース

自己破産・特別清算・再生データベースは、破産者マップの後継サイトの一つ。同じく2020年に閉鎖されました

このサイトは、自己破産した人、特別清算を行った企業、個人民事再生を選択した人の情報を掲載していたとされています。

このデータベースはYahoo!地図を利用しており、Googleマップを使用していた破産者マップとは異なる点がありました。

新破産者マップに載ってしまったらどうする?

サイトに掲載されてしまった場合の対処法は、サイト運営者に支払いをするのではなく、弁護士や司法書士に相談することが推奨されています。

何故ならばお金を払っても削除されるとは限らないためです。

以上の状況を踏まえると、個人情報を無断で掲載し、削除に高額な費用を要求するようなサイトは非常に問題があります。詐欺などの二次被害を避けるためにも注意が必要です。

新破産者マップはなかなか手強そう

新破産者マップはサーバーなどをすべて海外に置いているため、日本の法律で裁きづらいというのが現状です。正直今すぐの解決が厳しい状況ですのですぐの解決はできないかもしれません。

新破産マップに乗ってても普通に生活できる

自分の知られたくない情報がネットに載っているのは非常に不愉快ですよね。とは言え、破産者マップの存在を知っている人間も非常に少ないため、そこまで危惧しなくても大丈夫だと思います。もし乗っていたとしても悪用される可能性が有れど、近所で噂されて引っ越さなきゃいけなくなるなどの機会はそれほどないと思います。

近い未来閉鎖される事になると思いますし、あまり気にしないという事をおススメしますよ!

借金に悩んでいる方は「早め」に弁護士に頼る事が重要です!
身近な弁護士・司法書士事務所にお願いするのも良いですが

「費用が安く済む」あるいは「口コミの安定した」事務所に頼むことが後々後悔しないコツです。

このブログは「苦しまない借金返済」について詳しく調べていますよ!

以下を参考にしてみてくださいね。

借金救済制度におススメの弁護士・司法書士事務所を紹介!

スクロールできます
事務所名
ライズ綜合法律事務所

アース法律事務所

ひばり法律事務所

アヴァンス法務事務所

シンイストワール法律事務所

東京ロータス法律事務所

ウィズユー司法書士事務所

Sky綜合法律事務所
渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ
Google口コミ★3.8(112)★2.8(24)★3.1(28)不明★3.3(75)★2.8(20)★2.9(45)不明★3.2(30)★3.3(27)
初回相談料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
着手金55,000円~/社22,000円/社22,000円/社11,000円/社58,300円/社22,000円/社11,000円/社11,000円/社20,000円/社20,000円/社
減額報酬額減額の11%減額の11%減額の11%無料減額の11%減額の11%無料減額の10%減額の10%減額の10%
解決報酬金回収額の22%(訴訟の場合27.5%)要問合せ(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は回収額の20%~)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%回収額の22%相当回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%相当通常無料回収額の20%相当
自己破産・個人再生費用要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ
営業時間平日‧土日祝 9:00~21:00平日10:00~19:00平日9:30~18:30平日‧土日9:00~19:00平日9:00~21:00平日‧土日10:00~20:00平日‧土日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00平日‧土日10:00~18:00
一押しポイント高い口コミによる安定の信頼感元裁判官の経験を持つ弁護士有分割払い対応可能債務整理に特化借金問題に強い法律事務所弁護士費用の分割払い可能司法書士だから出来るスピード感2023年発だからこそ紳士な対応手数料の安さ×良口コミ借金の返済ができない、費用も払えない人におススメ
診断リンクライズ綜合法律事務所無料減額診断任意整理はアース法律事務所ひばり法律事務所アヴァンス法務事務所「後悔しない任意整理するなら!」東京ロータス法律事務所ウィズユー司法書士事務所渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ Form(チャット)
口コミ紹介記事こちら作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中
法律事務所の比較

個別でリンクを張っているので気になったら押してみてみてくださいね!

口コミの高さ(成功率の高さ)で選ぶならライズ綜合法律事務所

10社以上の「有名な事務所」の中でも「とにかく口コミ」が高いのが、「ライズ綜合法律事務所」です!

口コミの高さ=成功率の高さのため、名実ともにかなりおススメする事が出来る事務所です。

また「ライズ綜合法律事務所」では無料の「借金減額診断」も行っていますので気軽にご自身の借金状況を確かめる事も出来ますよ!

\ ぼたんだよ /

費用の安さで選ぶなら「アヴァンス法務事務所」

アヴァンス法務事務所では5社まで成功報酬等が無料になります。わかりやすく表にすると

項目一般的な事務所アヴァンス法務事務所
基本報酬 (4社 × 25,000円)100,000円-
減額報酬合計195,000円-
小計295,000円-
消費税 (10%)14,750円-
合計報酬309,750円210,000円 (消費税込み)
報酬差-99,750円

このように5社まであれば、他の会社さんよりかなり安く「借金救済制度」が利用できる可能性が有ります。

費用で選ぶのであればアヴァンス法務事務所を一押しします!まずは手軽に相談をしてみてください

\ ぼたんだよ /

女性が相談しやすい事務所なら「ひばり法律事務所」がおススメ

法律事務所は男性ばかりで相談しづらい、本音を言いづらい等、相談後に気づくこともあります

そんな女性のあなたにおススメできるのが「ひばり法律事務所」さんですよ!

女性弁護士在住&女性が相談しやすい環境作りを行っている法律事務所さんです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
記事のシェアをお待ちしています
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次