任意整理で銀行口座が使えなくなる?任意整理の際に気をつけたい事

  • URLをコピーしました!

債務整理をするという決断は、多くの人にとって重大な一歩です。しかし、この選択をした場合、銀行口座が凍結される可能性があることは意外と知られていません。この記事では任意整理の際に気を付けたい銀行口座の凍結について紹介します。

すばる

給与の受け取りや日常の支払いに使っている口座が対象となると、生活に直接影響が出るので要注意です。

目次

任意整理で銀行口座凍結される理由

銀行口座凍結

債務整理の手続きが始まると、銀行はその事実を知ります。この知らせを受けた銀行は顧客の口座を凍結する措置を取ります。

主な理由は、銀行が債務者の口座に残っている資金を保護し、その資金を債務返済に充てるためです。

また、債務者が債務整理後に不利益を被ることを防ぐため、または銀行自身が損失を回避するための措置として行われます。銀行によるこのような行動は、債務整理の法的な権利に基づいているため要注意です。

銀行口座が凍結されるどうなるの?

口座が凍結されると、債務者はその口座にアクセスできなくなり、入金は可能ですが出金や振込、支払いなどができなくなります。

これにより、日常生活での支払いや、給与の受け取りに支障が出る可能性があります。また、自動引き落としの設定がある場合には、その引き落としができなくなるため、公共料金の滞納や保険の未払いなど、他の金融問題を引き起こす原因にもなり得るので要注意です!。

銀行口座が凍結されるタイミングはいつ

口座の凍結は、債務整理を行うと決めた直後、具体的には債務整理の受任通知が銀行に届いた時点で行われることが一般的です。

また、債務整理の種類によってもタイミングは異なりますが、自己破産や個人再生、任意整理のいずれの場合でも、債務整理のプロセスが始まると銀行は口座凍結の措置を取ることがあります。

保証会社が債務整理に介入する場合も、同様に口座凍結の対象となることがあります。

基本的には借金をしていた銀行が対象になる

口座が凍結されるリスクは、特にその口座を持つ銀行から直接借入れをしている場合に高まります。

なぜなら、債務整理のプロセスでは、銀行が債務者の資産を保全しようとします。だからこそ借入れがある銀行の口座は特に凍結されやすいからです。

このような状況では、銀行は自己の損失を最小限に抑えるために、口座にある資金を直接債務返済に充てる可能性があります。

そのため、債務整理を考えている場合は、給与受取口座を借入れとは別の銀行に設定するなどの対策が必要になりますね!

口座凍結は解除される

口座が一度凍結された場合でも、債務整理のプロセスが進み、特定の条件が満たされれば凍結は解除されます。

例えば、債務者が銀行との間で返済計画に合意し、その計画に基づいて返済を開始した場合、口座の凍結解除が行われることがあります。

また、自己破産などの場合、法的な手続きが完了し、裁判所からの処理が完了すると、口座の凍結は自動的に解除されることもあります。

凍結が解除された後は、通常通り口座を利用することができるようになりますが、債務整理を行ったことによる信用情報の影響で、新たな金融サービスの利用には制限がある場合があります。

まとめと対策

債務整理を行うことによる銀行口座の凍結は、生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。しかし、事前の準備と適切な対処により、これらの影響を最小限に抑えることが可能です。

債務整理を考えている場合は、まずは信頼できる専門家に相談し、借入れがある銀行とは別の口座で給与を受け取るなど、具体的な対策を講じることが重要です。また、債務整理のプロセスや可能性について十分に理解し、不安を感じることなく対応できるよう準備をしておくことが、問題を乗り越える鍵となります。

借金に悩んでいる方は「早め」に弁護士に頼る事が重要です!
身近な弁護士・司法書士事務所にお願いするのも良いですが

「費用が安く済む」あるいは「口コミの安定した」事務所に頼むことが後々後悔しないコツです。

このブログは「苦しまない借金返済」について詳しく調べていますよ!

以下を参考にしてみてくださいね。

借金救済制度におススメの弁護士・司法書士事務所を紹介!

スクロールできます
事務所名
ライズ綜合法律事務所

アース法律事務所

ひばり法律事務所

アヴァンス法務事務所

シンイストワール法律事務所

東京ロータス法律事務所

ウィズユー司法書士事務所

Sky綜合法律事務所
渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ
Google口コミ★3.8(112)★2.8(24)★3.1(28)不明★3.3(75)★2.8(20)★2.9(45)不明★3.2(30)★3.3(27)
初回相談料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
着手金55,000円~/社22,000円/社22,000円/社11,000円/社58,300円/社22,000円/社11,000円/社11,000円/社20,000円/社20,000円/社
減額報酬額減額の11%減額の11%減額の11%無料減額の11%減額の11%無料減額の10%減額の10%減額の10%
解決報酬金回収額の22%(訴訟の場合27.5%)要問合せ(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は回収額の20%~)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%回収額の22%相当回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%相当通常無料回収額の20%相当
自己破産・個人再生費用要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ
営業時間平日‧土日祝 9:00~21:00平日10:00~19:00平日9:30~18:30平日‧土日9:00~19:00平日9:00~21:00平日‧土日10:00~20:00平日‧土日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00平日‧土日10:00~18:00
一押しポイント高い口コミによる安定の信頼感元裁判官の経験を持つ弁護士有分割払い対応可能債務整理に特化借金問題に強い法律事務所弁護士費用の分割払い可能司法書士だから出来るスピード感2023年発だからこそ紳士な対応手数料の安さ×良口コミ借金の返済ができない、費用も払えない人におススメ
診断リンクライズ綜合法律事務所無料減額診断任意整理はアース法律事務所ひばり法律事務所アヴァンス法務事務所「後悔しない任意整理するなら!」東京ロータス法律事務所ウィズユー司法書士事務所渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ Form(チャット)
口コミ紹介記事こちら作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中
法律事務所の比較

個別でリンクを張っているので気になったら押してみてみてくださいね!

口コミの高さ(成功率の高さ)で選ぶならライズ綜合法律事務所

10社以上の「有名な事務所」の中でも「とにかく口コミ」が高いのが、「ライズ綜合法律事務所」です!

口コミの高さ=成功率の高さのため、名実ともにかなりおススメする事が出来る事務所です。

また「ライズ綜合法律事務所」では無料の「借金減額診断」も行っていますので気軽にご自身の借金状況を確かめる事も出来ますよ!

\ ぼたんだよ /

費用の安さで選ぶなら「アヴァンス法務事務所」

アヴァンス法務事務所では5社まで成功報酬等が無料になります。わかりやすく表にすると

項目一般的な事務所アヴァンス法務事務所
基本報酬 (4社 × 25,000円)100,000円-
減額報酬合計195,000円-
小計295,000円-
消費税 (10%)14,750円-
合計報酬309,750円210,000円 (消費税込み)
報酬差-99,750円

このように5社まであれば、他の会社さんよりかなり安く「借金救済制度」が利用できる可能性が有ります。

費用で選ぶのであればアヴァンス法務事務所を一押しします!まずは手軽に相談をしてみてください

\ ぼたんだよ /

女性が相談しやすい事務所なら「ひばり法律事務所」がおススメ

法律事務所は男性ばかりで相談しづらい、本音を言いづらい等、相談後に気づくこともあります

そんな女性のあなたにおススメできるのが「ひばり法律事務所」さんですよ!

女性弁護士在住&女性が相談しやすい環境作りを行っている法律事務所さんです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
記事のシェアをお待ちしています
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次