NHK滞納をチャラにできる?NHKが嫌われる理由と最近のニュース

  • URLをコピーしました!

今までNHKの滞納をチャラにするから払ってください!と言われる事が有るようです。今回はそのようなケースについて紹介していきます。

実際のエピソードとそう言われた場合の危険性についてまとめて行きます

目次

NHKの受信料ってどういう理屈なの?

NHK法則局

NHK受信料は、公共放送である日本放送協会(NHK)への支払いであり、そのサービスを受けるすべての世帯や企業に義務付けられています。

テレビ放送を受信できる機器を持っている場合、法律に基づき受信料を支払う必要があります。

しかし、多くの人々の受信料の滞納が社会問題となっています。

なぜテレビを持っているだけで見てもいないのにNHK放送の受信料を払わないといけないの?と思っている人が大半であるというのが裏事情としてあります

NHK受信料とは?

NHK受信料は、日本放送協会(NHK)が提供する放送サービスの資金源として設定されています。これは、公共放送を維持し、広告収入に頼らない独立した資金構造を確保するための仕組みです。

法律では、テレビ受信機を設置している全ての世帯および事業所に対し、受信契約を結び受信料を支払う義務があります。

支払いは、契約者が選んだ支払方法により定期的に行われます。

なんでNHKが嫌われているのか

必要以上に高いと感じさせる年収

NHK(日本放送協会)は、日本の公共放送事業者であり、従業員数は約10,000人にのぼります。NHKの平均年収は、職種や役職により大きく異なりますが、一般的には高水準とされています。年収の詳細については、役職別で見ると、一般職員から管理職まで幅広く、一般職員(役職なし)の場合は約500万円から550万円、一般職員(主任級)で650万円から700万円、一般職員(係長級)で750万円から800万円、課長で1,000万円から1,050万円、部長で1,200万円から1,250万円となっています​

数値引用(キャリアアップ)​。

公共放送の存在価値

公共放送については「必要性」を感じている人間が少ないというのも一つの理由であると思われます。

いまやネット等で最新の情報を手に入れる事ができますし、テレビにしかできない事という物が減っています。

そんな中で強制的に必要性の感じない公共放送のためにお金を払う理由がわからないという人が増えているのも事実だと思います。

受信料の強制やNHKの訪問調査等

NHKによる受信料は多くの人にとって安い金額ではありません。

NHK受信料は、日本放送協会(NHK)による公共放送サービスの資金源として設定されています。法的には、NHKの放送を受信できる設備を持っている世帯や事業所は、NHKと受信契約を結び、受信料を支払う義務があります。世帯では「世帯ごと」、事業所では「1台ごと」に契約が必要です

​引用 (ja.wikipedia)​。

受信契約には「地上契約」、「衛星契約」、「特別契約」の3種類があり、料金は契約の種類によって異なります。2023年10月から受信料が1割値下げされ、料金体系も一本化されました​具体的には、地上契約(地上のみ)の2か月払いは2,200円、衛星契約(地上+衛星)の2か月払いは3,900円です。沖縄県には特別な料金設定があります​

※総務省は、NHKの受信料を1割引き下げる規約変更を認可しました。この変更により、10月から地上波の受信料が月額1100円に、地上波と衛星放送(BS)の受信料が月額1950円に設定されます 。

引用 (NHK-CS)​。

月1000円でも辛いです・・・生きるのが大変なのに余計な所にお金を払うのはできませんね

滞納分をチャラにすることは可能か?

NHKの今までの受信料金についてはいいから今月から払ってください

なんて言われる事が有るそうです。では本当にチャラにする事は出来るのでしょうか?

NHK受信料の滞納分を「チャラ」にすること、つまり滞納分を免除してもらうことは、原則としては非常に難しいです。NHK受信料の支払いは放送法に基づくものであり、テレビを所有している限り支払う義務があるというルールに残念ながらなっています。

受信料についてはNHKの職員ではなく、委託された人が直接来ているだけのためNHKの人と疎通は取れていません。そこでの口約束は録音でもしない限り証拠となりません。あくまで彼らの仕事はお金の徴収です。

最近のニュース

NHKはそのうちネットしか持っていない人も払う事になりそうです。

総務省の有識者会議では、ネットでNHKを視聴している人を対象に条件付きで受信料を徴収すべきだとの提言がまとまりました。

これは、インターネット上でのNHKサービスの利用者にも受信料の支払い義務を求める方向での検討が示されました。クソですね

NHKの受信量を払わないと割増金を請求できる制度に変更された

NHKは、2023年4月1日から受信契約に応じない人に対して割増金を請求できる制度を導入しました。

これにより、正当な理由なく受信契約を結ばない人々からは、受信料の2倍に相当する額が請求されることになります 。

明確に必要とされていない物を高額で売りつけてくるNHKは嫌われて当然ですね。私はネットで完結しているので年間で1秒も見ないので本当に早くなくなってほしいなとおもってしまいます

借金に悩んでいる方は「早め」に弁護士に頼る事が重要です!
身近な弁護士・司法書士事務所にお願いするのも良いですが

「費用が安く済む」あるいは「口コミの安定した」事務所に頼むことが後々後悔しないコツです。

このブログは「苦しまない借金返済」について詳しく調べていますよ!

以下を参考にしてみてくださいね。

借金救済制度におススメの弁護士・司法書士事務所を紹介!

スクロールできます
事務所名
ライズ綜合法律事務所

アース法律事務所

ひばり法律事務所

アヴァンス法務事務所

シンイストワール法律事務所

東京ロータス法律事務所

ウィズユー司法書士事務所

Sky綜合法律事務所
渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ
Google口コミ★3.8(112)★2.8(24)★3.1(28)不明★3.3(75)★2.8(20)★2.9(45)不明★3.2(30)★3.3(27)
初回相談料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
着手金55,000円~/社22,000円/社22,000円/社11,000円/社58,300円/社22,000円/社11,000円/社11,000円/社20,000円/社20,000円/社
減額報酬額減額の11%減額の11%減額の11%無料減額の11%減額の11%無料減額の10%減額の10%減額の10%
解決報酬金回収額の22%(訴訟の場合27.5%)要問合せ(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は回収額の20%~)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%回収額の22%相当回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%相当通常無料回収額の20%相当
自己破産・個人再生費用要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ
営業時間平日‧土日祝 9:00~21:00平日10:00~19:00平日9:30~18:30平日‧土日9:00~19:00平日9:00~21:00平日‧土日10:00~20:00平日‧土日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00平日‧土日10:00~18:00
一押しポイント高い口コミによる安定の信頼感元裁判官の経験を持つ弁護士有分割払い対応可能債務整理に特化借金問題に強い法律事務所弁護士費用の分割払い可能司法書士だから出来るスピード感2023年発だからこそ紳士な対応手数料の安さ×良口コミ借金の返済ができない、費用も払えない人におススメ
診断リンクライズ綜合法律事務所無料減額診断任意整理はアース法律事務所ひばり法律事務所アヴァンス法務事務所「後悔しない任意整理するなら!」東京ロータス法律事務所ウィズユー司法書士事務所渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ Form(チャット)
口コミ紹介記事こちら作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中
法律事務所の比較

個別でリンクを張っているので気になったら押してみてみてくださいね!

口コミの高さ(成功率の高さ)で選ぶならライズ綜合法律事務所

10社以上の「有名な事務所」の中でも「とにかく口コミ」が高いのが、「ライズ綜合法律事務所」です!

口コミの高さ=成功率の高さのため、名実ともにかなりおススメする事が出来る事務所です。

また「ライズ綜合法律事務所」では無料の「借金減額診断」も行っていますので気軽にご自身の借金状況を確かめる事も出来ますよ!

\ ぼたんだよ /

費用の安さで選ぶなら「アヴァンス法務事務所」

アヴァンス法務事務所では5社まで成功報酬等が無料になります。わかりやすく表にすると

項目一般的な事務所アヴァンス法務事務所
基本報酬 (4社 × 25,000円)100,000円-
減額報酬合計195,000円-
小計295,000円-
消費税 (10%)14,750円-
合計報酬309,750円210,000円 (消費税込み)
報酬差-99,750円

このように5社まであれば、他の会社さんよりかなり安く「借金救済制度」が利用できる可能性が有ります。

費用で選ぶのであればアヴァンス法務事務所を一押しします!まずは手軽に相談をしてみてください

\ ぼたんだよ /

女性が相談しやすい事務所なら「ひばり法律事務所」がおススメ

法律事務所は男性ばかりで相談しづらい、本音を言いづらい等、相談後に気づくこともあります

そんな女性のあなたにおススメできるのが「ひばり法律事務所」さんですよ!

女性弁護士在住&女性が相談しやすい環境作りを行っている法律事務所さんです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
記事のシェアをお待ちしています
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次