日本の借金金額が1200兆円へ。一人当たり借金982万の真実とは

  • URLをコピーしました!

良く新聞で日本の借金額を国民一人当たりで983万円!破産するなんて騒がれていますよね。
あれは実際そうなのでしょうか?今回はそんな内容について調べてみました

一人当たり983万の借金?!どうにかしないとと心配している方に向けた記事になります

目次

国の借金は1,212兆円

日本がデフォルトする?

日本の国債総額は世界でも類を見ないほど高い水準にあります。

国債+借入金+政府の短期証券=「国の借金」
=1,212兆4,680億円となり、過去最大を更新したと発表。

これは国内総生産(GDP)の約2倍以上に相当します。この巨額の借金は、長年にわたるデフレと低成長の経済状況、加えて高齢化による社会保障費の増加など、複数の要因によって膨らんできました。

借金とGDP比率については、日本は世界で最も高いレベルの一つです。

GDP比率で見ると、日本の公的債務は国内総生産の約2倍とされ、これは先進国の中でも特に高い数値です。

GDP比率が高いことは、国の借金が経済の大きさに対してどれだけ大きいかを示す指標であり、一般的にはこの比率が高いほど財政状態の持続可能性に対する懸念が大きくなります。

新型コロナウイルス対策の支出を賄うために新規国債発行が膨らみ、この1年で100兆円超の大幅増となったとしています。

現在、国の借金は国民1人あたり983万円となっています。

やっぱり世界に比べても日本ってヤバイの?と思いますよね

借金をしていても問題ない理由①今の日本国は破産しえない

借金と日本

日本国の破産というのは、国家の財政破綻を意味します。

それは日本国が自国通貨(円)で債務を支払うことができなくなるという極端な状況を指します。

国外に借りているお金が返せなくなると財政破綻するんだよね!

債務とGDP比率

日本は世界で最も高い政府債務対GDP比率を持つ国の一つです。

この比率が非常に高いことは、懸念の対象ではありますが、

しかし、日本の債務の大部分は国内(日本銀行)で保有されており、日本政府は自国通貨(円)で債務を発行しています

これは、国が自国通貨での支払いをコントロールできるため、理論的にはデフォルト(支払い不能)になりずらいです。

日本はなんだかんだ経済のサイズがデカい!

日本は世界で三番目に大きな経済国家です。※4位になりそうですが

強力な産業基盤、高度な技術、および大きな貯蓄率を持つことは、経済全体の強さを示しています。

当たり前ですがこの規模の状態で破産する事は起こりえないレベルといっていいでしょう。

そもそも問題がない理由①「ぶっちゃけ国民には関係ない」

一般的に国の借金が増えると、民間の預金が増加します。それは国の借金の理由が経済の底上げに使っている物だからです。

国が借金をして経済を底上げをして、僕らの稼ぎが増えて貯金額が増えるといった構図です。

体感している人は少ないと思いますが、実際に預金額は増えています。

また余裕資金を作り同時に積み立てNISA等の制度改正により政府が国民に対して、活発な資金運用を呼び掛けている状態です。

では日本国が破産してしまい僕らが借金を負うかと言えばもちろんそんな法律もありませんし、そもそも上記の理由から破産する事はありません。

実際に体験できる人は一部な上場企業の人間だけであり、一般企業に勤めている人は体験していない状況です。その中で国の借金だけが増えているという事に懸念を感じる事は正しい感覚だと思います。

日本国は意外と強い

日本円の発行権によると、日本政府は自国通貨を発行する権限を持っています。これにより、理論上はデフォルト(債務不履行)のリスクが非常に低くなります。

通貨発行国は、自国通貨での支払い義務は自らが通貨を発行することによって満たすことができるため、外貨建ての借金がない限り、支払い不能に陥ることはありません。

国内投資家による国債保有は、日本の国債が大部分が国内の投資家によって保有されていることも、日本の財政状況を支える重要な要素です。

日本の家計や金融機関は高い貯蓄率を持ち、これらの貯蓄は国債の購入に向けられることが多いです。

国内からの安定した資金供給があるため、国債の需要が保証され、金融市場の安定に寄与しています。

長期的な低金利環境も日本の借金が問題視されない理由の一つです。

日本銀行は長年にわたって超低金利政策を続けており、これにより政府は低い利息で借金を行うことが可能です。

低金利は借入コストを抑えるため、高い債務水準にもかかわらず、財政運営の圧迫は比較的小さくなっています。

お金を作る事が出来る国なので支払えなくなる事はほぼないって事ですね。

実際に日本の借金が増えている理由は?

経済の底上げをするために大量にお金を擦った結果が今の借金であり、経済成長をするためにはまずは世の中に出回るお金を増やさない事には始まりません。

経済の底上げのためにお金をばらまいている状態であると考えるのが良いでしょう。これのせいで円安が止まらないわけですが、、、

日本国の借金を取り上げたいのは、新聞やメディア等「情弱」な人を盛り上げたい人達なので、気を付けてくださいね!

借金に悩んでいる方は「早め」に弁護士に頼る事が重要です!
身近な弁護士・司法書士事務所にお願いするのも良いですが

「費用が安く済む」あるいは「口コミの安定した」事務所に頼むことが後々後悔しないコツです。

このブログは「苦しまない借金返済」について詳しく調べていますよ!

以下を参考にしてみてくださいね。

借金救済制度におススメの弁護士・司法書士事務所を紹介!

スクロールできます
事務所名
ライズ綜合法律事務所

アース法律事務所

ひばり法律事務所

アヴァンス法務事務所

シンイストワール法律事務所

東京ロータス法律事務所

ウィズユー司法書士事務所

Sky綜合法律事務所
渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ
Google口コミ★3.8(112)★2.8(24)★3.1(28)不明★3.3(75)★2.8(20)★2.9(45)不明★3.2(30)★3.3(27)
初回相談料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
着手金55,000円~/社22,000円/社22,000円/社11,000円/社58,300円/社22,000円/社11,000円/社11,000円/社20,000円/社20,000円/社
減額報酬額減額の11%減額の11%減額の11%無料減額の11%減額の11%無料減額の10%減額の10%減額の10%
解決報酬金回収額の22%(訴訟の場合27.5%)要問合せ(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は回収額の20%~)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%回収額の22%相当回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%相当通常無料回収額の20%相当
自己破産・個人再生費用要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ
営業時間平日‧土日祝 9:00~21:00平日10:00~19:00平日9:30~18:30平日‧土日9:00~19:00平日9:00~21:00平日‧土日10:00~20:00平日‧土日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00平日‧土日10:00~18:00
一押しポイント高い口コミによる安定の信頼感元裁判官の経験を持つ弁護士有分割払い対応可能債務整理に特化借金問題に強い法律事務所弁護士費用の分割払い可能司法書士だから出来るスピード感2023年発だからこそ紳士な対応手数料の安さ×良口コミ借金の返済ができない、費用も払えない人におススメ
診断リンクライズ綜合法律事務所無料減額診断任意整理はアース法律事務所ひばり法律事務所アヴァンス法務事務所「後悔しない任意整理するなら!」東京ロータス法律事務所ウィズユー司法書士事務所渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ Form(チャット)
口コミ紹介記事こちら作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中
法律事務所の比較

個別でリンクを張っているので気になったら押してみてみてくださいね!

口コミの高さ(成功率の高さ)で選ぶならライズ綜合法律事務所

10社以上の「有名な事務所」の中でも「とにかく口コミ」が高いのが、「ライズ綜合法律事務所」です!

口コミの高さ=成功率の高さのため、名実ともにかなりおススメする事が出来る事務所です。

また「ライズ綜合法律事務所」では無料の「借金減額診断」も行っていますので気軽にご自身の借金状況を確かめる事も出来ますよ!

\ ぼたんだよ /

費用の安さで選ぶなら「アヴァンス法務事務所」

アヴァンス法務事務所では5社まで成功報酬等が無料になります。わかりやすく表にすると

項目一般的な事務所アヴァンス法務事務所
基本報酬 (4社 × 25,000円)100,000円-
減額報酬合計195,000円-
小計295,000円-
消費税 (10%)14,750円-
合計報酬309,750円210,000円 (消費税込み)
報酬差-99,750円

このように5社まであれば、他の会社さんよりかなり安く「借金救済制度」が利用できる可能性が有ります。

費用で選ぶのであればアヴァンス法務事務所を一押しします!まずは手軽に相談をしてみてください

\ ぼたんだよ /

女性が相談しやすい事務所なら「ひばり法律事務所」がおススメ

法律事務所は男性ばかりで相談しづらい、本音を言いづらい等、相談後に気づくこともあります

そんな女性のあなたにおススメできるのが「ひばり法律事務所」さんですよ!

女性弁護士在住&女性が相談しやすい環境作りを行っている法律事務所さんです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
記事のシェアをお待ちしています
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次