【5年・125%ルール】ゼロ金利解除後の住宅ローンはどうなるの?

  • URLをコピーしました!

この記事ではマイナス金利が無くなった今
住宅ローンはどうなってしまうの?と不安に思っている人はかなり多いのではないでしょうか?今回はそんな住宅金利についてまとめてみた記事になります。

日本政府によるゼロ金利政策の解除は、多くの家庭の住宅ローン返済計画に影響を与えることになります。金利の上昇は避けられない現実となりましたが、慌てる必要はありません。

返済に関する「5年ルール」と「125%ルール」を理解し、計画的に対応することで、賢く家計を管理することができます。この記事では、これから家を購入する方々が知っておくべき重要なポイントを解説します。

目次

【5年ルール】について理解する

金利が上昇しても最初の5年間は返済額が変わらないというルールがあります。

変動金利の住宅ローンを選択した場合、この期間を利用して、返済計画を見直したり、貯蓄を増やすなど、将来の金利上昇に備えることが重要です。

逆に言うと数年後にはいきなり返済が厳しくなるってコト?

返済額増加は「125%」ルールがあるので安心はできる

金利の見直し後、返済額が見直し前の125%を超えることはありません。

これにより、急激な返済額の増加を防ぎ、家計に与える影響を抑えることができます。

しかし、このルールに依存しすぎず、返済能力を超える住宅ローンは避けるようにしましょう。

上昇した金利分はどこに行ってしまうの?

【5年ルール】と125%のデメリットもある

金利上昇分を払わなくて言い訳ではない

5年ルール、125%ルールは「急激な変化」を抑制するための仕組みであるため、増えた金利分の「総返済額を減らす」仕組みではないです。

そうなると最終的に払う金額はかなり増えてしまう事が有ります。

60年ローンの場合は60年後に急にあまりの金利分の支払いが出てくるようなイメージを受けてしまう事でしょう。

今後の住宅購入について

現状は変動金利で組んでいる人が多いと思います。これは日本の金利が非常に低かったからです。

今後は急激な変化もないものの、円安も進んでいるので段階的に金利を引き上げる事になると思われます。

今後購入する場合で、長期にわたり返済額の変動を避けたい場合は、固定金利の住宅ローンを検討するのも一つの方法です。

物件選びは金利上昇する想定で購入を

返済計画を立てる際には、将来の金利上昇を見越した上で、余裕を持った予算設定が必要です。

物件価格だけでなく、維持費や税金も考慮に入れた総額で判断しましょう。どの程度変わるの?という話もあると思います。

3000万の30年払いの場合

これで見るとたった0.5%でもここまで利息額が変わってきてしまいます。

あなたのケースに合わせて
簡単に金利による余分な金額を計算出来るツールを作成したので役に立ててみてください

どうですか?想像しているよりも大きな支払いに差になってしまっていますよね。

30年の長い時間が有った場合は多くの人がこの条件を満たす事になり、5年ルールや125%ルールが有っても最終的に払う金額はかなり増えてしまう事が分かりますね。

専門家のアドバイスを活用

住宅ローンの選択や返済計画については、金融機関のアドバイザーやファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することをお勧めします。

専門家の知識を活用して、自分に合った最適な選択をしましょう

借金に悩んでいる方は「早め」に弁護士に頼る事が重要です!
身近な弁護士・司法書士事務所にお願いするのも良いですが

「費用が安く済む」あるいは「口コミの安定した」事務所に頼むことが後々後悔しないコツです。

このブログは「苦しまない借金返済」について詳しく調べていますよ!

以下を参考にしてみてくださいね。

借金救済制度におススメの弁護士・司法書士事務所を紹介!

スクロールできます
事務所名
ライズ綜合法律事務所

アース法律事務所

ひばり法律事務所

アヴァンス法務事務所

シンイストワール法律事務所

東京ロータス法律事務所

ウィズユー司法書士事務所

Sky綜合法律事務所
渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ
Google口コミ★3.8(112)★2.8(24)★3.1(28)不明★3.3(75)★2.8(20)★2.9(45)不明★3.2(30)★3.3(27)
初回相談料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
着手金55,000円~/社22,000円/社22,000円/社11,000円/社58,300円/社22,000円/社11,000円/社11,000円/社20,000円/社20,000円/社
減額報酬額減額の11%減額の11%減額の11%無料減額の11%減額の11%無料減額の10%減額の10%減額の10%
解決報酬金回収額の22%(訴訟の場合27.5%)要問合せ(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は回収額の20%~)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%回収額の22%相当回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%相当通常無料回収額の20%相当
自己破産・個人再生費用要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ
営業時間平日‧土日祝 9:00~21:00平日10:00~19:00平日9:30~18:30平日‧土日9:00~19:00平日9:00~21:00平日‧土日10:00~20:00平日‧土日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00平日‧土日10:00~18:00
一押しポイント高い口コミによる安定の信頼感元裁判官の経験を持つ弁護士有分割払い対応可能債務整理に特化借金問題に強い法律事務所弁護士費用の分割払い可能司法書士だから出来るスピード感2023年発だからこそ紳士な対応手数料の安さ×良口コミ借金の返済ができない、費用も払えない人におススメ
診断リンクライズ綜合法律事務所無料減額診断任意整理はアース法律事務所ひばり法律事務所アヴァンス法務事務所「後悔しない任意整理するなら!」東京ロータス法律事務所ウィズユー司法書士事務所渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ Form(チャット)
口コミ紹介記事こちら作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中
法律事務所の比較

個別でリンクを張っているので気になったら押してみてみてくださいね!

口コミの高さ(成功率の高さ)で選ぶならライズ綜合法律事務所

10社以上の「有名な事務所」の中でも「とにかく口コミ」が高いのが、「ライズ綜合法律事務所」です!

口コミの高さ=成功率の高さのため、名実ともにかなりおススメする事が出来る事務所です。

また「ライズ綜合法律事務所」では無料の「借金減額診断」も行っていますので気軽にご自身の借金状況を確かめる事も出来ますよ!

\ ぼたんだよ /

費用の安さで選ぶなら「アヴァンス法務事務所」

アヴァンス法務事務所では5社まで成功報酬等が無料になります。わかりやすく表にすると

項目一般的な事務所アヴァンス法務事務所
基本報酬 (4社 × 25,000円)100,000円-
減額報酬合計195,000円-
小計295,000円-
消費税 (10%)14,750円-
合計報酬309,750円210,000円 (消費税込み)
報酬差-99,750円

このように5社まであれば、他の会社さんよりかなり安く「借金救済制度」が利用できる可能性が有ります。

費用で選ぶのであればアヴァンス法務事務所を一押しします!まずは手軽に相談をしてみてください

\ ぼたんだよ /

女性が相談しやすい事務所なら「ひばり法律事務所」がおススメ

法律事務所は男性ばかりで相談しづらい、本音を言いづらい等、相談後に気づくこともあります

そんな女性のあなたにおススメできるのが「ひばり法律事務所」さんですよ!

女性弁護士在住&女性が相談しやすい環境作りを行っている法律事務所さんです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
記事のシェアをお待ちしています
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次