自己破産すると失う物とは?【メリットとデメリットについて】

  • URLをコピーしました!

自己破産をすると失う物について今回は記事を書いてみました。自己破産をした人にリサーチをした記事なのできっとあなたに役に立つ記事になっていると思いますよ。

目次

自己破産すると失う物

①財産

自宅や車、現金、銀行口座の預金、株式、生命保険の払込み金など、ある程度の価値がある財産が処分されます。ただし、生活を維持するために必要な最低限の財産は保護される場合が多いです。

②信用情報

自己破産の事実は信用情報機関に登録され、5年から10年間は新たにローンやクレジットカードを組むことが困難になります。

③クレジットカード

既に所有しているクレジットカードの使用ができなくなり、新たにカードを発行することも一定期間困難になります。

④一部の職業や資格

弁護士、公認会計士、不動産仲介業者などの資格に制限が生じたり、金融機関や保険会社などの一部企業では自己破産者の採用を控える傾向があります。

⑤名誉・社会的信用

自己破産は公に記録され、個人の名誉や社会的信用に影響を与える可能性があります。特に個人事主や自営業者の場合、ビジネスパートナーや顧客からの信頼を失うことも考えられます。

⑥家族や親族の信頼

自己破産自体は法律で定められた権利であるため、別に恥ずかしいことではありませんが、あなたの家族や親族がそう思うかはわかりません。

自己破産を検討するあなたへ

自己破産

自己破産って聞くとちょっとビックリするかもしれないけど、実はこれ、経済的なピンチから抜け出すための公式なSOSサインなんだ。

具体的には、借金や諸々の負債がマジで払えないレベルになっちゃった時に、法律の力を借りて「リセットボタン」を押すこと。

なんでこんなことするのかっていうと、仕事を失ったり、病気が重くて働けなくなったり、ビジネスがうまくいかなかったりするなど、様々な事情でお金の問題が解決不可能になっちゃった時の最後の手段として選ばれるわけ。

この記事では、自己破産に踏み切るとどんな法的なプロセスが待っているのか、そしてそれがどんな影響をもたらすのかを、もうちょっと掘り下げていくよ。

法的影響はどれくらいあるの?

自己破産のプロセスを簡単に言うと、「裁判所に申し立てをして、債務から解放されるまでの手続き」ってとこです。

でも、これには色々なステップがあって、裁判所が財産を調査したり、債務をどう処理するかを決めたりします。この辺についてはこっちの記事でより詳しく記載していますので参考にしてみてください。

そして、自己破産をすると、いくつかの法的制限がついて回ることになります。

「再破産できるまでの期間」

一度破産すると次に破産できるのは数年後になることが多い。

それに、信用情報にも「破産したよ」という記録が残るから、新たにローンを組んだりクレジットカードを作ったりするのが難しくなるんだ。

このあたりの話、ちょっと重たく感じるかもしれないけど、自己破産は「経済的に立ち直るための一歩」でもあるから、どんな影響があるのかしっかり把握しておくことが大切ですよ!

今ある財産はどうなるの?

自己破産って言うと、全財産を失うイメージがあるかもしれないけど、実際はそうでもないんだ。法律では、「免責資産」と「非免責資産」っていうのを区別していて、生活に必要最低限のものは手元に残せるようになっています

免責資産ってのは、自己破産しても失わない財産のこと。例えば、最低限の生活用品や職業に必要な道具、時には住宅まで、生活を維持するために絶対必要なものがこれに当たる。一方で、非免責資産は、贅沢品や高価な車、余分な不動産など、生活に直接必要じゃない財産で、これらは売却されて債権者に分配されることが多いんだ。

つまり、自己破産すると、自宅や車、貯蓄といった財産を失う可能性があるけど、全部が全部なくなるわけじゃない。生活を再建するための「スタートライン」は保証されてるってわけ。

社会的影響はどのくらいあるの?

自己破産が人生に与える影響は金銭的なものだけじゃなく、社会生活にも波及するよ。たとえば、職業に与える影響っていうのがあって、自己破産すると一部の業界や職種に就くのが難しくなる場合があるんだ。
金融業界みたいに信用情報を重視するところでは特に厳しい評価を受ける事になります。

次に、信用情報への影響。自己破産すると、その記録が数年間信用情報に残るから、新しいローンの申し込みや賃貸契約、携帯電話の契約をする時に不利になることがある。でもね、これは時間が解決してくれる問題で、信用情報は時間が経つとクリーンになるから、新たなスタートを切るチャンスは必ず来るんだ。

最後に、社会的のネガティブなイメージ。これが一番厄介かもしれない。自己破産っていうのはどうしてもネガティブなイメージがつきがちだけど、重要なのはそれをどう乗り越えるか。自己破産は人生の終わりじゃなくて、新しい始まりの第一歩。このプロセスを経験することで、お金の管理について学び、より強く賢明な人間になれるんだから、ポジティブに捉えていくことが大切だよ。

5. 心理的影響

自己破産するというのは、ただの財務上の決断以上のもの。これにはかなりのストレス、不安、そして時には恥という感情が伴うんだ。金銭問題はただでさえ精神的にキツイのに、自己破産はそれを公にするようなものだからね。でも大事なのは、これらの感情が普通であると認識すること。そして、それらが長期間にわたってメンタルヘルスに影響を与えないように対処していくことが重要になります。

対処法としては、まずは自分自身に時間を与え、状況を受け入れることから始めよう。次に、信頼できる友人や家族と話すこと。感情を共有することで、ストレスや不安が軽減されるんだ。そして、必要ならば心理カウンセリングを受けるのも良い選択。プロからのサポートを得ることで、精神的な負担を大きく軽減できると思う

6. 自己破産後の生活の再建

自己破産後の生活を再建するには、まずは自分の財務状況をしっかり把握することからスタート。予算管理を徹底して、必要ない出費は削減しよう。そして、小さな貯蓄からでも始めて、財政的な安定を目指すんだ。

信用スコアの改善も大切なステップの一つ。定期的にクレジットレポートをチェックして、正確さを確認しよう。そして、小さなクレジットを利用して返済の履歴を築いていくことが信用スコアを徐々に改善させるキーだね。

ここで、専門家のサポートがめちゃくちゃ重要になってくる。弁護士や財務アドバイザーに相談することで、自己破産のプロセスをスムーズに進めることができるし、財政再建の計画を立てる上で役立つアドバイスをもらえるよ。これらの専門家は、自己破産という山を越えてきた人たちからの知恵を受け継いでいるから、その知識を最大限利用しよう。

成功事例もたくさんあるから、自己破産が終わりじゃなく、新しい始まりだと思ってね。実際に自己破産を経験して立ち直った人たちは、より賢明な金銭管理をするようになり、人生をより豊かにする方法を学んだんだ。だから、落ち込むことなく、前を向くしかないのが事実。

7. まとめ

さて、自己破産について色々と話してきたけど、大事なのは自己破産っていうのは本当に最後の手段だってこと。金銭的なピンチに陥ったとき、最初に考えるべきは予算の見直しや費用削減、もしくは債務相談所などでアドバイスをもらうこと。でも、どうしてもどうしようもなくなったら、自己破産という選択肢があるってことを忘れないでね。

そしてね、もし自己破産することになったとしても、それは終わりじゃないんだ。むしろ、それは新しいスタートの始まり。自己破産は、過去の負債から解放されて、新たな人生を始めるチャンスをくれるんだから。確かに、最初は大変かもしれない。でも、計画的に、一歩ずつ進めば、経済的にも精神的にも立ち直ることができるよ。

成功事例や専門家の助言に耳を傾け、自分に合った再建計画を立てよう。そして、どんな時も希望を持って前に進もう。自己破産したからと言って、人生が終わるわけじゃない。新しい未来を自分の手で切り開いていくんだから。ポジティブなマインドセットを持って、一歩ずつ、確実に、前向きな未来へ進んでいこう。

借金に悩んでいる方は「早め」に弁護士に頼る事が重要です!
身近な弁護士・司法書士事務所にお願いするのも良いですが

「費用が安く済む」あるいは「口コミの安定した」事務所に頼むことが後々後悔しないコツです。

このブログは「苦しまない借金返済」について詳しく調べていますよ!

以下を参考にしてみてくださいね。

借金救済制度におススメの弁護士・司法書士事務所を紹介!

スクロールできます
事務所名
ライズ綜合法律事務所

アース法律事務所

ひばり法律事務所

アヴァンス法務事務所

シンイストワール法律事務所

東京ロータス法律事務所

ウィズユー司法書士事務所

Sky綜合法律事務所
渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ
Google口コミ★3.8(112)★2.8(24)★3.1(28)不明★3.3(75)★2.8(20)★2.9(45)不明★3.2(30)★3.3(27)
初回相談料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
着手金55,000円~/社22,000円/社22,000円/社11,000円/社58,300円/社22,000円/社11,000円/社11,000円/社20,000円/社20,000円/社
減額報酬額減額の11%減額の11%減額の11%無料減額の11%減額の11%無料減額の10%減額の10%減額の10%
解決報酬金回収額の22%(訴訟の場合27.5%)要問合せ(任意整理に付随する過払い金請求の報酬金は回収額の20%~)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%回収額の22%相当回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%(訴訟の場合27.5%)回収額の22%相当通常無料回収額の20%相当
自己破産・個人再生費用要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ
営業時間平日‧土日祝 9:00~21:00平日10:00~19:00平日9:30~18:30平日‧土日9:00~19:00平日9:00~21:00平日‧土日10:00~20:00平日‧土日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00土日休/平日09:00~18:00平日‧土日10:00~18:00
一押しポイント高い口コミによる安定の信頼感元裁判官の経験を持つ弁護士有分割払い対応可能債務整理に特化借金問題に強い法律事務所弁護士費用の分割払い可能司法書士だから出来るスピード感2023年発だからこそ紳士な対応手数料の安さ×良口コミ借金の返済ができない、費用も払えない人におススメ
診断リンクライズ綜合法律事務所無料減額診断任意整理はアース法律事務所ひばり法律事務所アヴァンス法務事務所「後悔しない任意整理するなら!」東京ロータス法律事務所ウィズユー司法書士事務所渋谷法務総合事務所司法書士法人リーガルリリーフ Form(チャット)
口コミ紹介記事こちら作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中作成中
法律事務所の比較

個別でリンクを張っているので気になったら押してみてみてくださいね!

口コミの高さ(成功率の高さ)で選ぶならライズ綜合法律事務所

10社以上の「有名な事務所」の中でも「とにかく口コミ」が高いのが、「ライズ綜合法律事務所」です!

口コミの高さ=成功率の高さのため、名実ともにかなりおススメする事が出来る事務所です。

また「ライズ綜合法律事務所」では無料の「借金減額診断」も行っていますので気軽にご自身の借金状況を確かめる事も出来ますよ!

\ ぼたんだよ /

費用の安さで選ぶなら「アヴァンス法務事務所」

アヴァンス法務事務所では5社まで成功報酬等が無料になります。わかりやすく表にすると

項目一般的な事務所アヴァンス法務事務所
基本報酬 (4社 × 25,000円)100,000円-
減額報酬合計195,000円-
小計295,000円-
消費税 (10%)14,750円-
合計報酬309,750円210,000円 (消費税込み)
報酬差-99,750円

このように5社まであれば、他の会社さんよりかなり安く「借金救済制度」が利用できる可能性が有ります。

費用で選ぶのであればアヴァンス法務事務所を一押しします!まずは手軽に相談をしてみてください

\ ぼたんだよ /

女性が相談しやすい事務所なら「ひばり法律事務所」がおススメ

法律事務所は男性ばかりで相談しづらい、本音を言いづらい等、相談後に気づくこともあります

そんな女性のあなたにおススメできるのが「ひばり法律事務所」さんですよ!

女性弁護士在住&女性が相談しやすい環境作りを行っている法律事務所さんです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
記事のシェアをお待ちしています
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次